FC2ブログ

みつばち食堂

ごはんとえがおとけんこうと





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




親子遠足



昨日は保育園の親子遠足でした。
おにぎり派の息子と
どーしてもサンドイッチが食べたかった母‥
両者譲らず‥両方作りました
(ま、普通は母親が譲るんやろうけど)

食べ応えがすごすぎた。
息子が早く遊びたくて、全然食べないから
写真の弁当は2人分だけど私がほぼ食べて
炭水化物とタンパク質を過度に摂取!

年長さんなので最後の親子遠足。
楽しむぞーって走り回ってたら
本気で吐くかもってくらい具合悪くなった。
親子遠足の時はおにぎりかサンドイッチかどっちかにしよって学びました。
これが最後の親子遠足やったんやけどね

昨日は真夏日でした。
帰りバスに乗ったら
他のお母さんたちに「焼けたねー!」って言われた。
え?焼けたねーってちょっと‥どういう‥
焼けたねーてって言うのは
リゾートから帰って来た人にかける言葉でしょうよ!(用途はそんだけじゃないけどな)
みんなでバスに乗って同じ行き先に行ったのに
私ひとりが「焼けたねー」って失笑されるって。

どんだけ巨人⁈(太陽に近いっていう‥)


紫外線の吸収率が人より優れています(←そんな言い方)
日にあたっても赤くなったりヒリヒリしたりせず
じんわり黒くなります。

ゆうなちゃんママ、帰りのバスで
赤くなってイタイって言ってた。
肌、白いもんなー。
白くて痩せてて、ムダ毛ないし
←ムダ毛は処理してるかもしれんやろ!

ああいう色素薄いの憧れる。

でも色素薄い人って
幸薄にも見えるなー
(ゆうなちゃんママにどんだけ失礼)




「まいっかー」は魔法の言葉

昨日は娘の7歳の誕生日でした。

もう7歳!まじかいなー
7年も一緒にいるなんて、信じられない。
あっという間だなー。


1年生になって、ドキドキしていた毎日にも慣れてきて
毎日それはそれは楽しそうに学校へ行く姿は、かあさんにも元気をくれます。

娘は年長の終わり頃に、お友達とうまくいかなくて保育園に行きたがらなかった。
夜、シクシク泣いてた時期は辛かったなー。

女の子特有のそーいう感じのやつ、かあさんも苦手っだったよ。
でも、変わってあげられない。
人間関係勉強中だと思って、心の中で応援してたんだけど、切なかったな。

ある時、娘に「お母さんって”まいっか”ってよく言うよね」って言われた。
これは、本当に私の口癖でなんかあるとすーぐ「まいっかー」で済ませてしまう。
その時に「まいっか」って言うと気持ちが軽くなるよと娘に言った。


先日の運動会で、競技してる姿はモチロン素敵だったけど
自分の席で座って友達とふざけたり、応援したりしてる姿にとっても感動した。


いろいろ気にするタイプなので、心配したけど
いろんな事に免疫できてきて「まいっか」って思えるようになってきてる。

もちろん、「まいっか」ばっかりで済ませちゃうのは、危険なのですが
心配性な娘には、ちょうどいい。


生まれた頃は寝ても覚めても一緒にいたんだけどね。
今は、かあさんの知らない時間の方が多いんだよね。

その娘の時間の中で笑ったり傷ついたりしてるんだよね。
いつか、かあさんにも言えない悩みができるんだろうね。

どんな時も世界中で一番の見方であり続けたい。



娘は一人目の子なので、かあさん歴も7年。
最近はかあさん業にもすっかり慣れてきて・・・と言ったら聞こえはいいが
要は手抜きしてるところが多くなってます^^;

気を抜いているからだろうか、去年より完全に太っている。
今までは、ちょっと太ったかな?でまた戻したりできてたんだけど
最近は右肩上がりっつーの?はははー^^;

じわじわ上昇している体重は「まいっかー」では済まされないんだな・・・



今日の記事を読んで、良かった!共感できる!などと思われた奇特な方がいらっしゃいましたら
「ヨイネ」ボタンをクリックしてください♪励みになります^^


にほんブログ村







私と安室奈美恵の区別がつかない息子

母さん命の息子。
彼には私が可愛いと見えているようです。

「お母さん可愛い」
「お母さんのお顔が大好き」
そんなことを言っています。

保育園に行く間「お母さんの離れるのがつらい」と言い
通園バッグに「お母さんの写真を入れていく」とも言ってました。
(入れさせてません)


ま、こんなこと言ってくれるのも今だけだし
微笑ましくもあるのですが、
先日はそんな息子の母への愛が、美的なセンスが全くないだけ。という出来事が。


ドラッグストアで目にとまった、化粧品のポスター。
「あーお母さんだー」と指差す息子。




えっ?






えっ?




それは安室奈美恵さんと言って
90年代にはアムラー現象というブームを引き起こし
30代になった今も、さらに美しく、歌にダンスに活動されている方ですよ。



かあさんと同じなのは、目と鼻と口の数くらいですよ。



何度否定しても「えーでも似てるよね~」
「あー、おかあさんの方が可愛いか~」などと・・・

それも大きな声でヾ( ̄o ̄;)



参考までに言っておきますが
私は、安室さんには本当に似ていませんし全く美人ではありません。
普通にさえない顔をぶら下げて、それでも懸命に生きている者です。


あ…新手のいじめかな・・・






息子ってこういう奴

先週の土曜日の話です。


うちの旦那は基本的に日曜日しか休みがないので
土曜日・祝日は母子3人で過ごす日です。


お昼ごはんを食べ過ぎた私は
(カップ焼きそばが無性に食べたくなって買ってきたら
意外と子供の評価が悪く、子供たちの残ったのも食べたから)
洗い物は、いったん置いといて、ソファで横になりました。

朝ごはんの洗い物も、いったん置いといてあるからシンクは山盛り。

そうそう、昨日の夜中に旦那と飲んだ焼酎のコップと
おつまみに食べたサキイカバターマヨ炒めのお皿も
ITTANN OITOITE あるんだった。


ちょっと横になるだけのつもりが、予想通り眠ってしまいました。

目が覚めたら1時間半も経過していました^^;



洗い物しなきゃなーと思って起き上がる。
胃が重い(食べすぎ)
嗚呼・・・


そしてキッチンにいくと





洗い物が終わってるー!!!





子供たちが洗い物してくれたんですって。


こんなに成長を嬉しく感じたことはなかったです(笑)


娘「お母さん疲れてるみたいやったし洗っといたよ」(ノω・、) ウルウル
息子「お手伝いしたから、おこづかいもらえる?」(T△T)・・・


うちの息子ってこういう奴ですσ(^_^;)


ま・・・まあ、いつもケンカばっかりしてる
2人が力を合わせてやってくれただけで大感激でした。



「ありがとー!ホントに嬉しいよ」って何度も言ってたら気をよくした2人・・・
“お母さん労わり祭り”が開催されました。



あ、この感じ・・・嫌な予感・・・


「お母さん、喉渇いてない?お茶いれようか?」
と言ってお茶を入れようとして、2人とも自分が入れたいから
走っていって取り合いになってお茶こぼしたり。


「お母さん、飴食べたい?」
と言って、おやつBOXに走って行って自分たちが先に舐めたり。


「お母さん、テレビの音大きくしようか?」
と言って、これまた我先にとチャンネル取り合いで大音量で心臓バクバクしたり。


もはや、お母さんを労わりたいという気持ちはなく
自分の手柄を、ひとつでも多く!隙あらば飴も舐めたい。
という民主党の選挙前のようなPRが続きました。




子供って褒めると、本当、天まで昇るほどに調子に乗り・・・がんばりますよね。


こんなぐうたらな私に褒められることが嬉しいのかねー。
普段褒めてない証拠だな。
ちょっと褒めただけで、こんなにも前向きに取り組んでくれるなら(結果はどうあれ)
もっと褒めてあげなきゃな。
うちの子も褒めるところは一杯ある、いい子なんだし(*'ー'*)

そんなことを感じました^^

ほんのちょっと前までは、子供が起きている時に
自分だけ昼寝なんてあり得ない状況だったし(まだお子さんが小さい方は今もそうですよね)
土曜日、祝日が憂鬱に感じる頃もありました。

こんな風に成長してくれて本当に本当に嬉しいなって思います。



“お母さん労わり祭り”のクライマックス
娘「お母さんの肩もんであげるね」
自分も何か手柄が欲しくてあせる息子。
「肩もんでる間、ショーを見せてあげる!」と思いつきで言う。

そのショーがこれ↓(viddyという動画サイトに飛びます)
http://www.viddy.com/video/cbef35ab-7b89-4e81-ac6b-2624c0c27871
お母さん、いろんな意味で泣きそう。




息子の精神が安定中

新学期も始まり、なんかやっと平穏な毎日。

息子は保育園だから夏休みは関係ないのだけど
娘は小学1年生で毎日だらーっとしていました。

私は仕事があるので、おばあちゃん家にいたんですけど
息子は毎日、姉が自由気ままに過ごしてることが気に食わない。

毎朝「保育園行きたくないー」と泣く。
休ませることもあったけど、寄ると触るとケンカする姉弟を1日中預けるのは
おばあちゃんに悪いし^^;
基本「さーがんばろー」「あんたも保育園卒園したら小学生だー」
とかなんとか言って送っていく。


夏休み終わる頃に息子の誕生日があったのですが、欲しいものを聞くと
「保育園が楽しくなる気持ちが欲しい」と(*´д`)
この発言には切なくなりました。
毎日泣きながらの息子を保育園に送ることを苦痛に感じていましたが
本人が1番辛いんですよね。


そんな毎日でしたが、2学期になり毎日7時10分に家を出る姉を
ソファで2度寝しながらちらっと見て
大変そうだね~(´∀`)みたいな上から目線で送り出す息子の精神がみるみる安定して
「はやく保育園いこ!」と言うようになりました。

ただの性格悪い子でありませんように。。。



今日のブログがよかった!または共感した!などと感じた奇特な方がいらっしゃいましたら
「ヨイネ」ボタンを押してください。


にほんブログ村



≪ BACK  | HOME |  NEXT ≫

プロフィール

みんと

Author:みんと
女の子(8才)男の子(6才)
のかあさんです。

フリーエリア

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。